晴耕雨耕なフーデリ配達員

晴れれば走り雨ならなお走り回る配達員生活を綴ります

広島のUberEatsで使うならドコモの赤チャリは果たしてコスパが悪いのか?

こんにちは!

広島UberEatsダイエッター山田ぽんたこと山田ぽんたです!

UberEatsで配達をしているお仲間の皆さん、いつもおつかれさまです!!

日々広島の街を走り回っていて、UberEatsだけでなく出前館やWolt、フードパンダの配達員とすれ違うわけですが、皆さん乗り物は様々です。

  • 自転車
  • 原付
  • 125cc以下のバイク

大きく3種類に分かれていて(自動車の人は見た記憶がない)、その中でも自転車はさらに細かく分類できます。

  • ロードバイク
  • クロスバイク
  • 折りたたみ自転車
  • ママチャリ
  • 電動自転車

と、こんな感じになっています。まぁ自転車に詳しくないので実際のところ分類は適当です。おかしかったら指摘プリーズ。

さて、ぼくは現状電動自転車で広島の街を走っているわけですが、自分の自転車ではなくドコモのバイクシェアサービス、通称『赤チャリ』です。

www.uberdiet.work

広島のUberEatsエリアをおおよそカバーしていて、月額2,200円(税込)で30分間は無料で電動自転車に乗れるという素晴らしいサービスなわけですが、最近「これってコスパ悪いんじゃね?」と考えるようになりました。

広島でUberEatsをやるときに、赤チャリは果たしてコスパが悪いのか?これをちょっと考えてみたいのですよ。

ぼくがUberEatsで赤チャリを使う理由

なぜ赤チャリを使うのか?

これについては赤チャリ利用者それぞれに理由があるでしょうが、ぼくがUberEatsで赤チャリを使う理由は単純です。

『広島市内で自転車を用意できないから』

そう、ぼくは広島のUberEatsエリアに住んでいるわけではないので、いざ広島でUberEats配達員をやろうと思っても自転車を用意できないのです。

となると、簡単に契約できてポートもエリアに多くしかも月払いというドコモの赤チャリは非常に有用なんですよね。

また電動自転車というのもポイントが高いです。

月額2,200円で電動自転車が乗り放題(30分以内なら)ですよ?コスパが悪いわけがない!

と、最初は考えていたんですよね。

月額2,200円で実質乗り放題…そんな風に考えていた時期もありました

では実際はどうだったのでしょうか?

参考までに11月10日現在の11月利用料金を載せます。

ドコモ赤チャリ11月利用料金

あれ?高くね?

11月の3分の1くらいで請求金額は4,840円となっています。

月額2,200円を除けば2,640円。このままのペースなら単純計算で7,920円。これに2,200円を足せば10,120円となります。

え?高いじゃん。

ただ、11月初週はがんばったのでそれを加味するとここまでの金額にはならないでしょうが、それでも7,000~8,000円になることが予想されます。

え?高いじゃん。

2,200円じゃ収まらねーよ。

自分の乗り方で大きく変わるけれど、それはUberEatsでは向かない

もちろん時間をキッチリと把握して30分過ぎる前に返却できていれば、ここまでの金額にはならないでしょう。

でもそれはUberEatsで配達をするならできるときとできないときがあるわけです。

ある程度UberEatsに慣れてきて、広島でのポートの位置も把握してきてこれですからやはり限界があるんですよ。

例えば全くポートのない場所で半ば数珠のような状況になったとしたら?

例えばダブルをピッキングして2本目でぶっとばされたとしたら?

余裕で100分くらいになります。

30分を超過すれば30分毎に100円追加されるのですが、チリツモで毎日数百円増えていくんですよね。

その分UberEatsでの報酬もあるわけですからマイナスにはなりませんが、なんともモヤモヤとします。

やっぱりコスパ悪いよなぁ…。

赤チャリを脱するにはどうすべきなのか?

毎月7,000~8,000円にならないにしても、これが5,000~6,000円なら我慢できるでしょうか?

いやいや、やっぱりそれでもコスパが悪く感じます。

年間で60,000~72,000円ってことですからね。それなら自分でチャリを用意するってのを選択肢に入れていいんじゃないかなって思います。

自分でチャリを用意して駐輪場に放り込む

年間で考えて60,000円以上かかるとするならば例えば50,000円前後でチャリを用意して広島市内の駐輪場に放り込むという手が考えられます。

返却時間を考えなくていいし、ポートのない場所に行かされるというストレスがなくなるわけで精神衛生上も良さそう。待たせる店(どこかのマックとかマックとかマック)にイライラしなくていいし、無駄に急いで事故るリスクも減るといいことずくめです。

サイマという自転車サイトではこれで35,140円(税別)でした。

正直クロスバイクって乗ったことないので、電動自転車と比べてどうなのかよくわかんないですしそもそもこれが乗りやすいのかもわからないのですけれど、コスト的にはアリ。

広島市内の市営駐輪場だと月額1,000円。まぁ空いていない可能性が高い気がするのであくまで画餅に過ぎないのですけれどね。

それでも年間で考えれば初年度は、

  • クロスバイク35,140円(税込38,654円)
  • 広島への組み立て送料3,980円(税込4,378円)
  • 駐輪場代12,000円

38,654円+4,378円+12,000円=55,032円となるんです。

次の年からは12,000円がベースであとは消耗品(何が消耗品になるのか分からんが)なので圧倒的に安くなります。

う~む…これは悩みどころ。

駐輪場の代わりに広島市内でプチ単身赴任

これも最近よく考えるんですよね。

平日は仕事終わって一度家に帰ってから広島市内に出るわけです。

交通費だけでなく、UberEatsを始められる時間が20時以降になるため移動時間でかなり損をしています。

であるならば1人でプチ単身赴任するのもアリなんじゃないかなって。

交通費はまぁゴニョゴニョ円かかってて移動によってUberEatsでロスする時間を考えれば余裕でペイできる計算になるんですよ。

ブーストかかる時間をほぼ損してますからね。

駐輪場が12,000円で交通費が〇〇円、そして日々UberEatsでロスしてる時間と移動に伴う疲労を足せば広島市内で30,000~40,000円、いや50,000円くらいの部屋を借りてもお釣りがきます。

土日は長時間やるって考えるとその休憩時間にも部屋を使えますしね。毎週のマン喫代はバカにならないんですよ。

問題は家族との触れ合い時間が減ることと、妻への負担が爆増すること。

お金がある程度潤沢になっても妻がノイローゼになっては意味がないんですよね。

ここらへんはしっかりと話し合いをする必要があります。

あと初期費用を用意できない可能性も…。まぁこれはUberEatsで貯めればよろしい。

すぐすぐではなくて今後どうするか?の話ですからね。

なんでドコモの赤チャリのコスパを考えたのかと言うと…

UberEatsを始めたばかりのぼくはドコモの赤チャリは至高のサービスだと確信していました。

だから最初に載っけた記事を書いたんですけども、そんなある日通行人A(酔っぱらい)に言われたんです。

「それ(赤チャリ)費用対効果が低いんだよ~www」

ぼくはUberEatsをやってるときに、子ども以外から声を掛けられたりからかわれたりするとかなりイラッとするので、そのときはこいつはなにを言っているんだと思っていたんですがずっと引っかかってたんですよ。

それで先週がんばったので料金を確認してみたら上の方で載せた画像のような金額だったので、なおさらコスパについて考えて赤チャリ以外の方策を練ったというわけなんです。

結果、自前のチャリを用意するほうがコスパがいいってことになったんです。

まぁこれも先々の話であって、すぐには無理なんですけれど。

欲を言えば電動自転車が欲しいですし、さらに欲を言えば電動クロスバイクがほしいんです。でも値段が…びっくりするくらい跳ね上がりますよね。

これを買ったら妻にまじで怒られそうな値段なので…といっても主に自分(妻)に先に買えっていう怒りですが。

東京では以前かなり赤チャリが安く運用できるUberEats配達員御用達のプランがあったようですが、

UberEats専用プラン終了

UberEats専用プラン終了

これもキッカケのひとつです。

というか広島でもやっとけよ!って腹が立ちました。

なんにしてもこの流れは自前でやっていく方向に舵を切るタイミングなんじゃないかなって思わせてくれましたね。

これから自転車、駐輪場、広島市内の安い部屋を吟味して今よりもUberEatsで稼ぎやすくなる動きをしていきたいなって思ってます。

ではでは

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加してます!